FC2ブログ
プロフィール

こんどうところざわ

Author:こんどうところざわ
スタッフ一同お待ちしています

埼玉県所沢市有楽町17-5
TEL:04-2929-6155

島村 卯月

ハウジングアドバイザー

jyuutaku0074.jpg

笑顔の絶えない打合せを
心がけています

秋田 恵一郎

ハウジングアドバイザー

jyuutaku0073.jpg

誠心誠意 頑張ります

上村 勝則

一級建築士

kami (1 - 1)

この世に1件しかない最高の
家づくりをお手伝いします。

長島早枝子

一級建築士

kami (1 - 1)

建築士の知識と女性の立場から
家づくりをお手伝いします。

宮根 正

リフォームアドバイザー

吉川 勝也

リフォームアドバイザー

P1050115.jpg

KONDOホームページへ

本社ビル

月別アーカイブ

最高の家づくりBLOG
埼玉県の近藤建設所沢の展示場スタッフによる、注文建築に関するブログです。住まいに関しての知識はもちろん オーナー様の想いが形になっていく過程を わかりやすくお伝えできればと存じております。
上棟間近!
こんにちは。近藤建設 所沢ハウジングステージです

Hさま邸の現場では足場が架けられ、土台工事が行われていました

上棟まであと少し

最近のお天気が心配ですが上棟の日は晴れて下さい

もう少し工事が進むとお部屋の感じがつかめてきますので楽しみにしていて下さい


DSCF1016_20090301140405.jpg



スポンサーサイト
とうとうお引渡しの日が来ました。
こんにちは。近藤建設 所沢展示場です

うれしいような少しさみしいような 7月26日にH様のお引渡しをしました

先日のH様、監督、私たちで行いました三者立会いでチェックした項目が直されているかをご確認いただき、

私が勝手に命名した 「鍵の儀式」 (工事用の鍵からお客様の新しい鍵へと切り替えます。新しい鍵を鍵穴に入れてまわすと、もう今までの工事用の鍵では開かなくなります。)を行い、

無事お引渡しとなります

H様の「鍵の儀式」も無事行われました。

DSCF1025.jpg

これで本日より近藤建設の建築現場ではなく、H様の新居となります

DSCF1005.jpg

ブルーの扉が素敵なキッチン

DSCF1007.jpg

奥様がキッチンに立つとこんな感じでダイニングとキッチンが眺められます
これからはご家族の方と会話をしながら家事ができます

H様のこだわりがたくさん詰った新居でこれからもたくさんの素敵な思い出を作って下さい

これからもよろしくお願いします

                                          いばらき









Hさま、監督、営業の三者立会い
おはようございます近藤建設 所沢展示場です。

先日、H様の現場のお引渡し前チェックをH様、監督、そして私たち営業の三者で行いました

玄関から始め外回りまで一部屋一部屋 目を光らせて

傷や汚れ、ドアや窓、クローゼットの開き具合などのチェックを行いました

P1020146.jpg

今回チェックした内容を 7月26日 のお引渡しの日までにキレイに直し、H様にお引渡しいたします

工事開始から約4ヶ月・・あと1週間です

お引渡しの日にH様の笑顔が見れるように最後まで頑張ります

P1020143.jpg



今月末のお引渡しに向けて
こんばんは。近藤建設 所沢展示場です

Hさまの建築現場はお引渡しに向け、着々と工事が進んでいます

大工さん担当の木工事が終了し、Hさまの家作りを担当していた鈴木親子大工さんは

次のお客様の家作りに取り組んでいます

これからクロス工事が入り、足場が取り外され、キッチンや洗面台などが設置され

あっという間にお引渡しとなります

新築の家のすぐ隣に住むHさまは

「1日も早く引っ越したくてしょうがないの

ととても楽しみにしていただいています

P1020029.jpg


和室前の広縁の先には格子越しに玄関があります

格子の裏にはベンチがあり、お友達とそのベンチでお話を楽しむ姿が目に浮かんできます


私も完成がとても楽しみです!お引渡しまでもう少しお待ちください

小屋裏収納
こんばんは。近藤建設 所沢展示場です(●^o^●)

H様邸の現場へ行ってきました。

10日前まではこんな感じだった小屋裏収納が・・・
P1010936.jpg


10日後にはこんな感じになっていました

P1010981.jpg


小屋裏収納とは

屋根との間にできた空間を収納として利用したもの。高さ1.4m以内で面積が直下階の床面積の1/2以内なら床面積に算入されませんから、収納スペースとして建築プランに効果的に取り入れることが可能です

収納スペースが足りない時や長年の思い出の品などを収納しておくのにとても有効的なスペースです

小屋裏収納を出入りするために、折りたたみの階段やそのまま上の階へあがるように小屋裏収納への階段を設置したりします。

H様邸は平屋のつくりになっていますが、唯一小屋裏収納に階段があります。

P1010980.jpg


はしごの場合、大きな荷物を上げ下げすることが大変でつい収納したら収納したままということがありますので、可能であれば階段式の小屋裏収納をつくり、思い出の品をたまには眺めてみたり、使ってみたりしてはいかがですか

H様邸はあと2週間で大工さんの仕事が終わり、壁紙などの仕上げ工事に入っていきます

だんだんと完成の日が近づいてきました

H様 夏を涼しく過ごせる家楽しみにしていてください


いばらき